登壇者への会場からの質問は下記リンク先のウェブサイトで投稿してください。質問は壇上のインタビューアに届きます。

医療イノベーション キャリアフォーラム

「世界に発する医療イノベーションを生み出す人材育成」を目指して

フォーラムの目的

医療機器を創出するべく、世界がしのぎを削って日夜研究開発が行われています。本シンポジウムでは国内外で先端的な医療機器開発を手がける先生方・企業の方をお招きして、彼らがどうやってイノベーションを巻き起こしたかを探ります。


スライドを使った講演ではなく、炉辺談話方式によるインタビューで講演者の過去の体験を聞き出すような形式ですすめます。


特に医療イノベーションをどのように生み出すか、またどのような経緯を辿って今に至ったか、人材育成の面やキャリアパスについて、実りの多い議論が期待されます。

医工学系に進みたい学生の方々や、アカデミアの先生方、また医療機器に取り組む企業の方々には是非ともご参加いただくようお願いいたします。

学会要項

開催日時:
2018年6月11日(月曜) 15時~17時
開催場所:東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール


参加費 :無料(参加登録が必要です)
世話人:東京女子医科大学先端生命医科学研究所先端工学外科 正宗 賢

対象者

  • 医療、健康に関わる会社への就職を希望している学生、大学院生
  • 企業で医療デバイスを開発している方
  • 医療ベンチャーの起業を考えている方
  • 外国でのキャリア、外資系企業での医療デバイス開発をしたい方
  • 行政から医療産業の育成を目指している方


参加登録

事前参加登録制。参加費は無料です。下記「参加登録」ボタンを押して登録ページまでお進みください。

登壇者

吉川典子

定非営利活動法人 医工連携推進機構 客員研究員  規制の話をしてワクワクさせてくれる第一人者


波多伸彦

ハーバード大学教授 医療デバイス研究者。基礎研究、企業研究、ベンチャー創業で造る日米の架け橋の立役者。


川嶋健嗣

東京医科歯科大学 研究者、医用ロボットベンチャーのCo founder


岡本淳

東京女子医科大学特任講師 研究者 企業内の医療ロボットプロジェクトのパイオニア


村垣善浩

東京女子医科大学医師、教授、研究者、未来志向手術室の開発者


塚本勲

株式会社加賀電子会長 独立系エレクトロニクス総合商社創業からエンジェル投資家に


粂川美紀

一般社団法人 概念工学研究所 代表理事。研究者、社会活動家。イノベーションを「デザイン」するビジネスを展開。

鎮西清行

産業技術総合研究所 博士(工学).研究者,中間管理職.医工学が本来の専門.2004年PMDAに一年勤めて医療機器安全評価も専門に

原田香奈子

ImPACTプログラムマネージャー,東京大学准教授.手術ロボットの研究者

中村亮一

千葉大学准教授、科学技術振興機構さきがけ研究員。手術支援システムの研究者.内視鏡外科トレーニング,医療ウェアラブル等の製品開発プロデューサー

平野恵子

経済産業省 医療・福祉機器産業室 「霞が関医工連携応援隊」

植村宗則

九州大学病院 助教  2016年から2年間AMEDで国プロをプロデュース。
本職は外科医の技術を丸裸にする研究者。 学会で賞を取るたびにメガネの色が変わる。

協賛

加賀電子株式会社

根本杏林堂

お問合せ先

「世界に発する医療イノベーションを生み出す人材育成」シンポジウム実行委員会

事務局:東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 先端工学外科学分野 (正宗 賢)

東京女子医科大学先端生命医科学研究所

Japan, Tokyo, Bunkyō, Hongo, 7 Chome−3−1 東京大学

03-3353-8112 (内線43003)

電子メール

キャンセル